エレベータとエレベーター、正しいのはどっち

公開日: : エレベーター修理

「エレベーター」と「エレベータ」、どちらの書き方が正しいか知っていますか?

実は、どちらも間違いではないのです。

通常の日本語の原則としては、外来語で、語尾が「-er」「-or」「-ar」の場合は、長音符号(ー)で表記する原則があるのだそうです。

そのため、「elevator」は「エレベーター」と表記されます。

ところが工学系や機械系の学術用語では、3音以上のカタカナ用語の末尾の音引きを省略するのが原則とのことです。

全日本科学技術団体連合会という団体が戦前に決めたものだそうです。

現在の工学系学術用語やJIS用語の多くはこのルールをそのまま踏襲しているそうなので、JIS規格に従って書かれた取扱説明書などは「エレベータ」と伸ばさずに記載されていることが多いのです。

ただし原則というだけで、どちらも誤りではないとしているため、書き手のセンスや媒体によって、自由かつ曖昧に使われているのが現状なのです。

エレベーターのリニューアル

普段何気なく使っているエレベーターにも深い深い世界がありそう。

 

関連記事

no image

リフトとエレベーターの違い

リフトはいかなる状態であっても、人が乗ることを法律で禁じられています。荷物のみを運行するためのもので

記事を読む

no image

業者を比較してリフトの設置はここを選ぼう

簡易リフトの新規設置はここというイメージを持っている方も多くいるかもしれません。実際にリフトやエレベ

記事を読む

no image
転職にまず準備すべきことは?

みんなの転職「体験談」。20代、30代、40代、50代の転職ストーリー

no image
信頼される営業マンは頭よりツールを使っている?

営業マンにとって相手に信頼してもらうことは、仕事を進めていくうえで非常

no image
エアコンの寿命は販売価格と比例するのか?

新品で作られたエアコンは、年月が経過するにつれて不具合が出る可能性が高

no image
自動車保険のCMはどこまで信用できるか?

自動車保険には様々な会社から商品が出ています。テレビCMでも知られてい

no image
探偵への依頼は浮気調査がもっとも多い

テレビドラマに出てくる探偵と言えば、殺人事件などの難事件を解決していく

→もっと見る

PAGE TOP ↑