地震発生後の通電で気をつけることは?

公開日: : 電気

通電火災とは、停電前に使用していた電化製品が停電復旧してことにより発生する火災のことです。大きな震災のほとんどがこの通電火災の被害にあっているといわれています。通電火災に対しての対策として、電気復旧後の電化製品に通電させないことが有効となります。ネオ・コーポレーションでは、火災抑制に効果的な「感震ブレーカー」を開発しています。地震発生時、自動的に揺れを感知し電気を止めることで、地震が起こった後の二次災害を防ぐことができます。一般家庭はもちろん、リスクの高い工場や事業所でも有効な防止手段です。

関連記事

no image

賃貸でも電気会社は選べる?

電気自由化が気になるけれど、我が家は賃貸だから…と思ってる方に、朗報です。電気会社の選択は、賃貸でも

記事を読む

no image

なぜ電力会社は電気使用料削減を奨励するのか?

家庭や会社において、電気代は侮れない出費のひとつであり、節約するのは当然と言っても過言ではないでしょ

記事を読む

no image

成約したら大型バイクや自働車がもらえるの?

電気会社は選ぶことができる時代です。もしも契約会社を変えるのであれば、紹介キャンペーンを行っている会

記事を読む

no image

電気料金は高い、の時代はとっくに終わっている

企業には様々なコストが発生しますが、電気料金も非常に大きなコストになってきます。しかしネオコーポレー

記事を読む

no image
電話占いは20年以上も前からあります

ここ数年でさらに増えています。やはりいつでもどこでもできる手軽さもあり

no image
転職にまず準備すべきことは?

みんなの転職「体験談」。20代、30代、40代、50代の転職ストーリー

no image
信頼される営業マンは頭よりツールを使っている?

営業マンにとって相手に信頼してもらうことは、仕事を進めていくうえで非常

no image
エアコンの寿命は販売価格と比例するのか?

新品で作られたエアコンは、年月が経過するにつれて不具合が出る可能性が高

no image
自動車保険のCMはどこまで信用できるか?

自動車保険には様々な会社から商品が出ています。テレビCMでも知られてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑